シャトルシェフの欠点はきちんと対処すれば快適に料理できる!

当ページのリンクには広告が含まれています。

シャトルシェフの購入を検討中。でも欠点があるっていうウワサも聞くし、悩むなぁ…。

大丈夫です、シャトルシェフの欠点は対処できるんです!

日々料理を作る中で、「調理時間を短縮したい」「調理の光熱費を節約できないかな」と思うことありますよね。

私も特に暑い真夏時の調理はしんどいのでできるだけ短く済ませたいですし、最近の光熱費の値上がりも気がかりとなっています。

そんなときに使って欲しいのがシャトルシェフ♪

シャトルシェフには利点がたくさんあるのですが、その一方で欠点についても聞かれます。

この記事ではシャトルシェフの欠点についてお伝えし、その対処法をご紹介します。

欠点をきちんと対処すればシャトルシェフで快適に料理できるので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

シャトルシェフは欠点もある!デメリットを紹介

シャトルシェフとは、「保温調理」ができる鍋です。

火にかけた調理鍋を保温容器で丸ごと保温し、予熱で火を通して調理します。

鍋を火にかけ続けなくていいので光熱費の節約になり、余熱でじっくり煮込むので素材本来のおいしさを活かすことができます。

煮込み料理やスープ・味噌汁といった汁物、炊き込みご飯などに加え、ケーキやプリンといったデザートなんかも作れちゃうんです。

そんな画期的なシャトルシェフですが、以下のような欠点もあります。

  • 長時間放置しすぎると腐る恐れ
  • 煮詰めることができない
  • 水分が必要
  • 場所をとる
  • 保温時間が必要

ひとつずつ見ていきましょう。

デメリット1.長時間放置しすぎると腐る恐れ

シャトルシェフの保温は優秀ですがもちろん永遠ではありません。

保温が長すぎると鍋の中の温度は徐々に下がっていきます。

そのため細菌が繁殖しやすい環境になり、腐る可能性がでてくるのです。

これは意外と大きな欠点で、朝作って夜帰宅するときなどは、正直腐っていないか心配になりますね。

私は1日仕事の日などはシャトルシェフを使うのは控えています。

デメリット2.煮詰めることができない

シャトルシェフの欠点の1つに「煮詰めることができない」というのがあげられます。

水分量が多いスープ類は得意ですが、保温調理という性質上、煮詰めるという作業にはあまり適していません。

煮物ができないわけではありませんが正直普通の鍋の方が適していますね。

デメリット3.水分が必要

シャトルシェフは加熱後の予熱で調理するので、中の具材が隠れるくらいの水分が必要です。

水分が少なく、具材に水分が浸かっていない状態だとしっかり火が通りません。

デメリット4.場所をとる

シャトルシェフは調理鍋を保温容器に入れての保温調理です。

そのため保温容器は調理鍋よりも一回り大きく、場所をとります。

重さもそれなりにあるので、持ち運びもやや不便です。

私はこの欠点に悩まされました…。外に出しておくにはスペースを取るし…だからと言ってしまう場所にも困ってしまって…。

購入前から保管場所を決めておくと良いですね。

デメリット5.保温時間が必要

シャトルシェフは余熱を利用しての保温調理なので、「保温する時間」が必要となります。

ですので、加熱後すぐに食べる、ということができません。

食べるまでにあまり時間がなく、保温調理する時間が確保できないときには不向きです。

シャトルシェフの欠点への対処方法は?

欠点がある、と聞くとシャトルシェフの購入や使用をためらいますよね。

でも、欠点への対処方法もあるので参考にしてみてください♪

長時間放置しない

まずはシャトルシェフでの長時間の保温をさけ、最長8時間を目安に再加熱しましょう。

すぐに食べないときは別容器に移して冷蔵庫に入れておくといいです。

また、保温調理中に蓋を開けてしまうと中の温度が下がり腐りやすくなるので、気をつける必要があります。

保温調理後に煮詰める

煮汁が少なめが好きな人や、煮詰める必要がある料理の場合は、保温調理後であれば可能です。

再度火にかけて水分を飛ばして煮詰めましょう。

水分少なめの料理には他の鍋を使う

シャトルシェフでの保温調理は水分が必要なため、水分不要であったり、あまり水分がいらない料理は正直なところ不向きです。

水分が多く必要な汁物や煮込み料理で活躍させましょう!

鍋を厳選する

収納場所にゆとりのある家庭であれば問題ないですが、そうでない場合は鍋の整理をして場所を確保しましょう!

いったん置き場所さえ確保してしまえば、保温調理中は火や電源が必要ないので収納場所に入れておけます♪

出かける前に仕込む

加熱中はその場を離れることはできませんが、保温調理中であれば、ほったらかしでも大丈夫です。

なので、出かける前に仕込んで保温調理状態にしておけば帰宅後にすぐ食べられます。

シャトルシェフの欠点に対処すればメリット沢山で快適に使える♪

シャトルシェフの愛用者は多くいます。

それは、やはりシャトルシェフにメリットが沢山あるからなんです♪

実際どのようなメリットがあるのかご紹介しますね。

  • 保温調理でほったらかしにできる
  • 火をあまり使わなくていいので経済的
  • ふきこぼれや焦がす心配がない
  • 保温性が高い
  • そのまま食卓に出せる見た目
  • 素材のおいしさがそのまま味わえる
  • お手入れが簡単
  • 欠点もたくさんあるけれど、それ以上に便利で時短調理が可能!
楽天ブックス
¥1,540 (2024/04/09 01:49時点 | 楽天市場調べ)

まとめ

  • シャトルシェフは保温調理ができる鍋
  • シャトルシェフには欠点がある
  • シャトルシェフの欠点には対処方法がある
  • シャトルシェフを使えば沢山のメリットがある

今回はシャトルシェフの欠点とその対処方法について主にお伝えしました。

シャトルシェフにも苦手な料理というものはありますが、でもそれを上回るほどのメリットがあります。

シャトルシェフを使えば手間をかけずにおいしい料理ができ、しかも経済的なんて嬉しいですね♪

見た目も素敵、お手入れも簡単なシャトルシェフ、とってもおすすめですよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次